ショートケーキの始まり??

  • 2018.05.20 Sunday
  • 07:18

こんにちは 大福はかせこと はまもとさとしです。

 

みなさん、ショートケーキって

いつくらいから食べるようになったかご存知ですか?

 

僕も気になって調べてみました。

 

今の原型とされるのが大正11年(1922年)。

不二家の創始者 藤井林右衛門によって販売されたそう。

スポンジを使って日本人向けに改良されたようです。

 

創業者の藤井さんがアメリカに渡ってお菓子の技術が無ければ

今のお菓子・・・ショートケーキは、無かったかもしれませんね。

 

藤井さん、ありがとうございます!!

 

昭和20年頃から洋菓子の普及がはじまる。

昭和35年頃に冷蔵ショーケースが製造。

今のようなショーケースが、全国に広がって行ったそうです。

 

大福博士の子供の頃の誕生日ケーキは、

冷蔵が要らない

バタークリームケーキ!!。

 

いまだにどんなケーキだったか覚えています。

 

味は、あまり覚えて無いですが、

いつか近い感じで再現してみたいなと・・・。

 

僕がㇷランズ菓子と言うお菓子を初めて食べたのは、

修行先での面接の時??だったような記憶!!。

30年前。

 

 

読んでくださってありがとうございました。

 

 

 


 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM