スポンサーサイト

  • 2017.07.21 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    お玉さんありがとう!

    • 2017.07.02 Sunday
    • 15:50

    はぴ大福好き! 素敵なみなさん こんにちは。

     

    大福博士こと はまもとさとしです。

     

    今日もなるほどハッピー!な大福のおはなし

    していきますよぉ!

     

    甘いあんこになったのはいつ?

     

    前回、あんこは、塩と小豆で作ったものだったとお伝えしました。

    そのあんこがいつ、甘いあんこになったのか?

     

    江戸の後期、東京の小石川に住んでいた未亡人のお玉さん。

    彼女が、それまでの塩と小豆で作ったあんを甘いあんに変えて

    うずら餅の大きさも少し小さくしました。

    そして、「お多福餅」または「大腹餅(だいふくもち)」の名で売り始めたのです。

    これが、今の大福にかなり近いもののようです。

     

    お玉さんがどんな人だったのか?などくわしいことはわかりません。

    もっと調べてみたいですね。

    お玉さんがいなかったら、甘くておいしい大福は生まれなかったのかもしれませんね。

     

    ありがとう!お玉さん。

     

     

     

    スポンサーサイト

    • 2017.07.21 Friday
    • 15:50
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM