200個以上から60個へ

  • 2018.06.10 Sunday
  • 06:43

みなさん こんにちは 

大福はかせ こと はまもとさとしです。

 

今回は、僕が経験した

クリスマスケーキの常識・非常識についてです。

 

 

 

 

起業して1年〜2年目

クリスマスケーキは、200個以上の予約が入りました。

とくに、注文をお願いしたわけでもないのですが、

いつのまにかそんな数に。

 

 

冷凍や冷蔵のキャパが、全然足りない。

ギリギリ3日間、徹夜してまで

黙々とこなしていました。

 

クリスマスだからと言う常識。

 

 

修行先でも1000個〜2000個作っていましたから、

それが当たり前だと。

 

 

あるとき、お菓子の講習会で横浜の有名なお菓子屋さんのオーナーが

講師で来ていました。

 

 

 

そこでは、徹底的に時間管理して作り立てを

していると聞きました。

 

 

出来るんだっ!!てね(^^♪。

 

 

 

大きなお菓子屋さんで、人数も多いから出来る事だとは思います。

でも、クリスマスだからといって、そんなにたくさんの数を

作る必要はないんじゃないかって。

 

 

いつもhapihapiに来てくださる大切なお客様限定で、

お作りしたほうが、もっと喜んでもらえるんじゃないかって。

 

 

次の年から思いっきり注文個数を減らしてお得意様限定で

200個以上から60個位に・・・。

 

 

 

そしてデコレーションケーキのスポンジもクリスマス3日間

23日・24日・25日の当日、早朝・真夜中から

焼くようにしました。

 

 

 

ここから自分のお菓子屋としての常識を非常識に変える

きっかけができたんです。

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.06.24 Sunday
  • 06:43
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする