大福の起源はうずらだったの?

  • 2017.07.01 Saturday
  • 14:04

はぴ大福好き! 素敵なみなさん こんにちは。

 

大福博士こと はまもとさとしです。

 

今日もなるほどハッピー!な大福のおはなし

していきますよぉ!

 

大福の起源のおはなし

 

江戸のはじめころ、ウズラ餅というお餅がありました。

お餅の形が鶉(うずら)のお腹のようにぷっくり似ているから

その名前に。

 

中のあんこも砂糖でねったものではなく、塩と小豆で作っていました。

 

そのあんこ、さらにさかのぼると中国から伝わってきました。

鶏肉・豚肉を細かくして練ったもの。

餃子や肉まんの中に入っている具ですね。

今でも、中の具をあんと言いますね。

 

宗教上の理由で、動物の肉が食べれない人もいたため、

小豆であんを作るようになったそうです。

 

 

このウズラ餅が、大福の起源ではないか?と言われています

 

 

これが、うずらです。

なるほど、お腹がぷっくりしていますね。

 

これが、大福の起源になったといわれる

ウズラ餅

スポンサーサイト

  • 2017.11.22 Wednesday
  • 14:04
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM